Top > 会社紹介

はじめに

資源の少ない日本にとって石油、ガスといったエネルギーを安定確保することは、健全な経済活動を維持するために重要かつ大切な命題です。その命題を成し遂げるために、日本は、海外で発見された天然ガスを液化して海上輸送するLNG(液化天然ガス)取引を発展させてきました。当社は、LNG黎明期であった1970年代にインドネシアからの最初のLNGタンカーを受入れて以来、40年以上にわたりLNGビジネスを牽引し、環境にやさしい豊かな社会の創造に貢献しています。

LNGを取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。近年、新興国を中心とする世界のエネルギー需要増加や環境問題、安全性に対する世界的な関心の高まりの中、LNG需要はますます増加し、ニーズも多様化しています。また、天然ガス生産においても、めざましい技術革新により利用可能となった非在来型ガスを含め、多くのプロジェクトが計画されています。こうした天然ガスの生産にともない、LNGは、世界のエネルギー需要を支える役割をより一層期待されています。

当社は、これまでに培ってきたLNG取引に関する経験を生かし、LNG取引のグローバル化に対応するビジネスモデルの構築に取り組んでいます。LNGは、天然ガス田の開発・液化から輸送、受入基地での荷役までが連続したビジネスであり、当社はこのLNGバリューチェーンの全てに関わり積極的にビジネスを展開しています。